青山学院大学女子バレーボール部
選手紹介 スケジュール&試合結果 トピックス フォトアルバム ライブラリー メルマガ 生くらぶ リンク ホーム
■2022年度 選手&スタッフ一覧 【 選手一覧へ戻る 】
リサコ
No.2 齋藤 里紗子(リサコ)
10月のひとこと
夏が終わり秋の涼しさを感じる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。9月の中旬から私たち4年生にとっては最後のリーグ戦である秋リーグが開幕しました。チームは今6連勝しており、優勝を掲げて挑んできた中で十分に勝負できる位置で折り返すことができました。後半戦は、春リーグで敗戦して悔しい思いをしたチームばかりとの対戦となりここからが本当の勝負になってくると思います。秋リーグは初戦から自分たちの状態が決して良いわけではなくフルセットや逆転して勝ち切る展開が多く、苦しい試合が何試合もありました。しかし、長いリーグを戦っていく中で全ての試合が上手くいくことはなく、その中でも「負けない」ことがまずは1番でどんなに自分達が崩れても負けないことに意味があると思います。春リーグでは、大事なところでチームがひとつになれず1点が取り切れないという大きな課題がありましたが、技術よりもこの夏で選手間の心の繋がりを常に意識した練習をやってきたり、どうしたらチーム全員が心からチームのためにプレーできるのかを話し合ったりと、ミーティングでも繋がりの部分を大切にしてきました。その成果としてこの秋リーグの6連勝なのかなと感じています。最後の大事な1点はやっぱり思いの強いチームが取れると私は思います。しかし、終盤でのチームの強さはつきましたがそこにいくまでの試合の入りや、中盤に目を向けると落とさなくて良かった1セット、1点がとても多く、リーグ優勝を目指す中ではこの1点が大きく左右してしまいます。ちょっとした気の緩みや、チームの流れが作れない時に連続失点をしてしまい、どんな時でも安定感のあるチームになれていないのが現状です。後半戦に当たるチームはちょっとしたミスから隙をついてペースを掴むチームばかりなので、ここでいま一度チームとして気を引き締めて真剣にこの課題と向き合いながら練習に取り組んでいきたいと思います。今回の秋リーグは制限はありますが有観客開催となり、改めて応援してくださる方のパワーを受けてバレーが出来ることに嬉しさを感じました。私自身のバレー人生も終盤に差し掛かる中でユニフォーム姿を父や母に見てもらえることがとても嬉しく頑張る原動力になっています。色々な方のたくさんの支えがあってここまで来れている事に改めて感謝したいと思います。勝つことが何よりの恩返しだと思うので、絶対に秋リーグ優勝して全カレに向けて勢いをつけていきたいと思います。 今後ともご声援のほどよろしくお願い致します。
背番号 / 名前 / コートネーム
No.2 / 齋藤 里紗子(さいとう・りさこ) / リサコ
学科 / 学年
社会情報学科 / 4年
ポジション / 身長
リベロ / 163cm
血液型
A型
出身校
野比小学校 → 大津中学校 → 横須賀大津高校
バレーを始めたきっかけ
小学生の時にバレーを見ることが好きだったから
好きなもの
食べること・寝ること
嫌いなもの
貰って嬉しいものは?
なんでも嬉しいです
好きな学食のメニュー
カツ丼
自分のこだわりは?
常に自分のプレーを追求し、努力をし続けること
あなたにとって青学バレーとは?
自分への挑戦をする舞台
【 選手一覧へ戻る  |  ページ先頭へ 】
青山学院大学女子バレーボール部 事務局 / 〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 青山学院大学内 / TEL:03-3409-8111(代表)
© 2022 Aoyama Gakuin University Women's Volleyball Team All rights reserved.  |  ご利用の条件  |  お問い合わせ